<< 上限なし…規制の網を NTT労組側、民主議員に「脱法献金」(産経新聞) | main | 違反見逃しで巡査処分=女性紹介を期待―兵庫県警(時事通信) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


小ネタ仕込む…裁判員和ますのに裁判官も工夫(読売新聞)

 施行から1年を迎えた裁判員制度を巡り、担当する刑事裁判官が感想や工夫を述べ合う意見交換会が20日、大阪高裁で開かれ、報道機関に公開された。

 「裁判官も大きく成長できる」と評価する一方で、「候補者は裁判所まで足を運ばねばならない。負担を減らすため、1事件の抽出人数を絞り込むべきだ」と見直しを求める声もあった。

 大阪、京都、大津の3地裁で裁判員裁判を担当する裁判長4人と大阪地裁の若手裁判官7人が参加した。

 この1年を振り返り、大阪地裁の中里智美裁判長(50)は「これまでの裁判に比べて手間はかかるが、必要な手間だと思う。当然と思っていたことについて、原点に立ち返ることが多い」と感想を述べた。同地裁の安永武央裁判官(39)も「裁判員との熱心な議論で、裁判官も大きな成長ができる。裁判官裁判でついた垢が落ちる感じだ」と絶賛した。

 裁判員の緊張をほぐす工夫も披露され、若手裁判官は「和気あいあいの雰囲気をつくるため、話題になる小ネタを事前に仕込んでいる」「裁判官の顔写真付きのプロフィルカードを作って配っている」などと明かした。裁判長からも「『審理中にトイレに行きたくなったら、いつでもメモを回して』と、開廷前に声をかけるだけでも効果はある」との意見が出た。

 若手裁判官から、発言が少ない裁判員の意見をどう引き出せばいいかを尋ねられた大阪地裁の笹野明義裁判長(57)は、「裁判員全員に、付せんに意見を書いてもらい、張り出すようにしている」などと述べた。

 大阪高裁によると、管内の6地裁2支部では、制度施行から今年3月末までに、対象事件で334人が起訴され、90人に判決が言い渡された。

<デルタ航空>機内に不審者2人 成田に引き返す(毎日新聞)
TBSのネトゲ廃人特集にFF11プロデューサーがTwitterで激怒! 「奴ら何がしたいんだろうか?」
HP、ブログ解禁で合意=ネット選挙、衆院比例候補も対象―与野党(時事通信)
ルックスだけで23年!KANが最新アルバムの裏側を語る
「金に困ってた」と長女=生活困窮、金目当てか―千葉放火殺人(時事通信)

スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • 03:47
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
出会いランキング
クレジットカード現金化
債務整理 無料相談
ネイルサロン
クレジットカードのショッピング枠を現金化
副業
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM